WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(序章.02)

序章

背景となる状況

**** 0-02 ****

 『エイリアン・ドローン』の主たる攻撃目標は『人工建造物』であると思われる。
 当初、『人類が迎撃行動を行うから、エイリアン・ドローンが破壊行動を起こすのだ』と論じる意見があり、とある政府が迎撃行動を見合わせた事例があったのだが、結果、『エイリアン・ドローン』は人類の迎撃の有り無しとは無関係に市街地に侵入し建造物の破壊を続けたのだった。最終的には、その政府の軍隊が実力を行使する事になったのだが、結果として『エイリアン・ドローン性善説』は無駄に市民の財産を失わせるだけの結果を見たのである。
 地上の建造物を破壊するのが人類の抵抗力を削ぐためで有るのか? と、言うとそうでもないらしい。そうであれば、発電所や核関連施設、或いは油田や精油所など、襲撃されても良さそうな重要施設は世界中に幾らでもあるのに、幸いにもそれらが襲撃された事例はないのである。
 そのことから、襲撃者は破壊による環境の汚染を回避している、と考えられているのである。或いは、人類の抵抗など、もしくは人類の存在すら意に介してはいないのかも知れないと言う意見もある。彼らにとって邪魔な建造物を撤去し、何れは整地して必要な建造物を建てようとしているのかも知れない。そこに人類が居ようと居まいと関係なく。
 勿論、人類の存在を意に介していないようであっても、襲撃に対する人類側の迎撃に際して『エイリアン・ドローン』も反撃行動は行うので、迎撃する人類側に被害が出る事は避けられないのであった。格闘戦を仕掛けてくる『エイリアン・ドローン』に対して、戦闘機や戦車のような装備で対応する事は難しく、各国軍隊は極力接近戦を避けるべく、早期発見による迎撃ミサイルでのアウトレンジ攻撃のために、防空システムの充実を急いだのだった。
 
 なるべく上空で飛行中の『エイリアン・ドローン』を補足して、陸上、又は海上の長射程地対空ミサイルで迎撃し、そこを抜けた目標には戦闘機による空対空ミサイルで迎撃をする。更に、それを抜けた目標には、陸上の短射程地対空ミサイルや高射砲で迎撃し、『エイリアン・ドローン』がなるべく地上には到達させないように防空網を厚くするのだが、それでも地上までそれらが到達してしまう場合はあり得るので、地上軍の装備はそれに対応できる装備へ見直しが図られた。平行して、一般住民の避難用地下シェルターも各地都市部に建設が進められたのだった。
 
 もう一つ、『エイリアン・ドローン』の行動の特色として、それらが昼間しか活動しない事が挙げられるだろう。勿論、暗い場所へ侵入しても行動が可能なことは観測されてはいるものの、夜間に襲撃を仕掛けてきた事例は未だ確認されていないのだった。
 残骸の分析から、機体表面には受光素子(人類の知る『太陽電池』とは仕組みが異なり、詳しい原理は不明である)が敷き詰められていることが確認されており、これが光をエネルギーに変換する役割を持っていると推測されるのだ。襲撃者が外光に活動の全エネルギーを頼っている訳ではないだろうが、今のところそれらが夜間の行動を避けていることは、観測の結果から事実のようだった。
 ともあれ、『エイリアン・ドローン』が昼間しか襲来しないことは人類にとっては幸いで、夜間には襲撃の警戒を緩めることが出来る事は、被害の回復や、対策の構築を行う時間的余裕を生んでいたのだ。当然、防衛当局は襲撃者が戦略を変えて、夜間の襲撃が行われるかも知れない事を忘れてはいけないが、一般の住民にとって『夜は安心して休める』と言うことは社会の安定に重要なことである。
 
 防衛当局は防空レーダー網を監視し、襲撃者の飛来を察知すれば迎撃を行いつつ、それらが目指すであろう地域に避難警報を発令する。住民はそれに従い、地下シェルターなど指定の避難場所へ速やかに移動する。地域や国家によって幾ばくかの差はあれ、少なくとも日本ではそのような日常が定着していったのである。
 
 このように襲撃者と人類との攻防が均衡して、既に5年が経過したのだった。
 


- to be continued …-