WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第1話.04)

第1話・天野 茜(アマノ アカネ)

**** 1-04 ****


「手前のメンテナンス・リグに乗ってるのが HDG なんだけど…ここからじゃ、よく見えないわね。

 茜は窓越しに試作機を見ようとしていたが、見下ろしたそれは、小さく見え、細部や具体的な形状はよく分からなかった。

「『HDG』って、何の略なんですか?」

「『Hyper Dominative Gear』…意訳すると『超制圧装具』って感じだけど、防衛軍が対『エイリアン・ドローン』用の装備として防衛装備の開発企業各社に研究要望を出した時の呼称らしいわ。本社の企画部ではそのまま、HDG って名前で計画を練っていたそうよ。」

「ちょっと、物騒な名前ですね。まぁ、無理もないですか…相手が相手だし。」

「そうね。」

「あ、AI が Ruby だからあの機体も赤なんですか?」

 茜の問い掛けに、いち早く反応したのは Ruby だった。

「何故、搭載 AI の名称が Ruby だと、機体が赤くなるんですか?茜。」

「だって、『ルビー』って赤い宝石でしょ。」

「なるほど、駄洒落の一類型ですね。勉強になりました。」

「あはは、そんな引っ掛けをした積もりは無かったけど。言われてみればそれも有りだったわね。」

 鬼塚部長が笑いながら、席に戻っていく。

「今からでも、そう言う由来にしない?」

 そう言って、恵も笑いながら、言葉を続けた。

「本当は、試作機だから目立つ色にしてって、防衛軍の方から指定されたのよ。」

「そうですか。なんだか、つまらない理由ね。ねぇ、Rudy。」

「ハイ。つまりませんね。」

 茜に対する Ruby の返事を聞いて、一同、笑い出した。

「あ、そう言えば。さっき言われていた『交換条件』って、どういう事ですか?」

「あぁ、そうそう。この Ruby の教育を依頼されているのよ。教育っていうと大げさだけれど、要はこうやって普通におしゃべりしていたらいいの。今みたいになんでもない会話の中から、人とのコミュニケーションについて Ruby 自身が学習していくから、って。」

「一昨年の夏、初めてここに来た時は、堅苦しい感じだったけど。今ではさっきみたいに、ユーモアも分かるようになってきたものね、Ruby。」

「ハイ、恵。でも、ユーモアや冗談は、まだ、わたしには難しいですよ。」

「いいんですか?そんなこと教えちゃっても…。」

「大丈夫よ。本社の開発部へ、定期的にログが送られてるけど、『このままでいい』って言われてるから。 それに、冗談やユーモアは兎も角、情報の検索や分析に関しては Ruby の計算能力には助けられてるのよ。今では、うちの大切なスタッフの一人だわ。 ただ、ね、知らない人の前だと、急におしゃべりすると驚かせちゃうから、そう言う時は許可を出すまで、黙っていて貰ってるの。」

「あ、なるほど。」

 茜は鬼塚部長の言葉に頷いたのち、Ruby の端末カメラの方へ向いた。

「でも、私たちの会話は聞いていた訳ね。」

「ハイ、茜。」

「もう名前を覚えてくれて、嬉しいわ。」

「ハイ、記憶するのは得意ですから。」

「それじゃ、Ruby、あなたの名前の由来は、やっぱり宝石のルビーからかしら? プログラム言語にも Ruby っていうのが、昔、あったような…。」

「ハイ、わたしが起動したのが七月だったので、七月の誕生石にちなんで開発スタッフの方が Ruby と名付けてくれました。プログラム言語の方は関係ありません。」

「そう、いい名前ね。」

「ありがとう、茜。」

 茜は自然と AI の Ruby と会話が進んだ事に、少し驚きつつ、ここまでのコミュニケーション能力が必要なのだろうか?と、そんな疑念も抱いていた。

 

- to be continued …-

 

※この作品は現時点で未完成で、制作途上の状態で公開しています。
※誤字脱字等の修正の他に、作品の記述や表現を予告無く書き換える事がありますので、予めご了承下さい。