WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第1話.07)

第1話・天野 茜(アマノ アカネ)

**** 1-07 ****


「あちゃ~…会長のご令嬢にテスト・ドライバーさせるのは、流石にまずいんじゃない?鬼塚。」

 新島副部長はのけぞって天井に目をやる。

「ねぇ。本社の協力部署がどういう反応をするのか、ちょっとわたしも読めないわね~。」

 立花先生は右手の人差し指を唇に当てて、遠い目をしている。

「あの、ちょっといいですか…。」

 茜はおずおずと右手を挙げ、発言を求めた。再び、一同の視線が集まる。

「確かに、会長はわたしの祖父なんですけど、わたしは別に令嬢ってわけではない、です。」

「どういう事?」

 鬼塚部長が首をかしげる

「えと、会長はわたしの母方の祖父なので、わたしのうちは『天野重工』とは無関係なんです。」

「でも、あなたの名字は『天野』じゃない。」

 新島副部長が指摘する。

「はい。それはたまたま父方の姓も『天野』だったせいで、父方の『天野家』と母方の『天野家』は無関係だったんですよ。まぁ、十数代さかのぼれば親戚だったらしいって言うのは後で分かった事なんですけど。」

「なによそれ、紛らわしいわね~。」

 とは、新島副部長の言。

「それは、わたしに言われても…どうにも。」

「それじゃ、あなたのお父さんは天野重工とは関係ない、と。」

 鬼塚部長が確認をする。

「はい、系列でも何でもない商社の中間管理職ですし。」

「あなたのお母さんがご令嬢って事になるのかしら?」

 とは、恵の所感。

「だから、母は天野重工の方の天野家からは出ちゃって、呑気に専業主婦やってますから。だからうちは天野重工とは無関係なんです。」

「でも、あなたが会長のお孫さんって事実は変わらないのよね。」

 再び、立花先生が論点を元に戻した。

「祖父は身内だからって特別扱いするのは嫌いですよ。だから、わたしの事も特別扱いはしないと思いますけど。」

「う~ん…」

 茜を除く一同、腕組みをして考え込んでいた。
 そして立花先生がポツリと言った。

「会長が天野さんを特別扱いしなくても、他の部署の部課長は、気は遣うでしょうね。」

 その言葉を聞いた鬼塚部長は、ニッコリと笑って言った。

「じゃぁ、天野さんがうちの部にいる限り、私たちには有利って事ですね。少なくとも、変なプレッシャーは掛けられなくて済むようになるんじゃないですか?立花先生。」

「ちょっと、緒美ちゃん。何か妙な事考えてるんじゃないでしょうね? わたしの立場もあるんだから企画部や開発部に変な要求しないでね。」

「やだなぁ。そんな事考えてませんよ~。今後、無理な要求をされる事が減りそうだな、って思ってるだけですよ~立花先生。」

 この時、「目の前のこの人は、案外、悪い人なんじゃないか?」と、ちょっとだけ思ってしまった茜だった。

「さて、天野さん。それじゃ、そろそろ試作機を見ておく?」

「あ、はい。是非。」

 鬼塚部長と茜が席を立つ。

「あぁ、そう言えば。流れでお話に突入しちゃったから、改めて紹介しておくわ。こちらが顧問の立花先生。で、こっちが副部長の新島ちゃん。」

「先生呼ばわりされてるけど、正確には講師だからね。特許法関連の授業担当、よろしくね。」

「はぁい、新島 直美よ。よろしく。」

 茜は二人にぺこりとお辞儀をした後、鬼塚部長について階下の格納庫内部へと降りていった。

 部室は第三格納庫東面二階の中央付近に位置している。茜たちが部室から格納内部を見下ろしていた奥側の窓面、その左右に向かい合った壁面に二階通路に出るドアがあり、その二階通路の南北両端に階段が設けられている。部室の北側の一室が CAD室に、他の空き部屋は資料室だったり物置にされているのだった。
 部室の階下である東面一階層は主に倉庫スペースで、北端側がトイレなどが設置されている。格納庫自体の大扉は南側に向いており、駐機スペースを挟んで滑走路が整備されているのだった。この滑走路は、天神ヶ崎高校の飛行機部が主に使用しているのだが、時折、本社からの連絡機が飛来したり、学校の管理する敷地内に防衛軍の関連施設があるので防衛軍関係機が飛来したりするのだった。
 因みに、第一格納庫は飛行機部に、第二格納庫は本社や防衛軍関係機が飛来した際に、それぞれ使用されている。

 

- to be continued …-

 

※この作品は現時点で未完成で、制作途上の状態で公開しています。
※誤字脱字等の修正の他に、作品の記述や表現を予告無く書き換える事がありますので、予めご了承下さい。