WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第1話.09)

第1話・天野 茜(アマノ アカネ)

**** 1-09 ****


「ちょっと、こっちへ来て。」

 鬼塚部長が、茜を手招きしている。

「それ、3D スキャナーですか?」

「そう。あなたにドライバーをやって貰うには、関節位置とインナー・スーツ用の三次元測定データが必要なの。靴を脱いで、スキャン台の上へ。あ、制服もブレザーは脱いでちょうだい。金属物もまずいから、タイ・ピンも外してね。」

「うぅ…身体のサイズを測られるのは、なんだか恥ずかしいです。」

「個人情報は一応、慎重に扱うから安心して。」

「一応じゃ、安心出来ませんよ。」

 そう言いつつ、茜は指示された通り制服のブレザーを脱いで、3D スキャナーの台上へ立った。鬼塚部長はスキャナーに接続されたコンソールを操作している。

「これで、良いですか?」

「脚は肩幅くらいに開いて…両手は45度くらい、そうそうハの字…あ、掌は前に向けて。指も揃えないで…そう、開いて。はい、そのまま、30秒くらいじっとしててね。はい、スタート。」

 スキャン台の周囲に四本立てられてた、センサーが装備されている支柱が茜を中心に回転を始め、センサーは支柱を上から下へとスキャンを行う。センサーは超音波方式と磁気共鳴方式がそれぞれ一対で、薄い服であればその上からも体表と骨格それぞれの三次元形状が測定出来るように設定されいた。
 センサーが下限まで移動しきると、支柱とセンサー本体が初期位置へ移動復帰する。茜は大きく息をついた。

「もう一回、比較用の測定をするから、今度は腕を前に上げて…前にならえ~そうそう。あ、指は開いたまま…はい、スタート。」

 スキャン・センサーが再び、先程と同様に稼働を始める。

「はい、終了。お疲れさま。」

「ふぅ。これで動かせるようになるんですか?」

 茜はスキャン台から降り、靴をはき、スキャナーの脇にあった作業机に置いていた制服を手に取る。

「そう、単純でもないのよ。測定データから HDG のパラメータを作るところは自動化してあって、処理は Ruby がやってくれるんだけど。インナー・スーツは本社の試作部に発注して…一週間くらいは掛かるかしら?」

「なるほど。」

 茜はクロス・タイを締め直し、制服を整えていた。

「がっかりした?」

「いえ、寧ろ安心しました。部長の勢いが凄かったから、明日からでもテストするのかと思って、ドキドキしてました。」

「わたしとしては、明日からでもテストしたい所なんだけどね、残念。取り敢えず、テストが出来るようになるまで、あなたには HDG システムの勉強をしてもらうわね。」

 鬼塚部長は茜と会話をしつつ、スキャナーのコンソールを操作している。

「よし、これで終了。Ruby 後の処理をよろしくね。」

「ハイ、緒美。」

 Ruby の合成音声は、鬼塚部長が操作していたコンソールから聞こえてきたことに茜は気づいた。

「それも Ruby の端末なんですか?」

「そうよ。このスキャナーと、そこの HDG のメンテナンス・リグも繋がってるわ。」

「大活躍ね、Ruby。」

「いいえ、茜。わたしのリソースは 10%も消費されていません。」

「あなたのリソースが100%消費されるような事態は、起きて欲しくなんか無いわね。わたしは。」

「作られたものは活用されるべきではありませんか?緒美。」

「その辺りの見解には立場によって相違がある、と言う事よ。」

「そうですか。記憶しておきます。」

 鬼塚部長と Ruby のやりとりを聞いて、「Rudy が 100%活用される事態とは何だろう?」と茜はその大きな機体を眺めつつ考えていた。この赤い機体に Ruby が組み込まれている事実の意味を考えた時、たしかにそんな『事態』は願い下げだと、茜も思うのだった。



- to be continued …-