WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第2話.05)

第2話・鬼塚 緒美(オニヅカ オミ)と新島 直美(ニイジマ ナオミ)

**** 2-05 ****


「あなた達がそう言う認識なのは…まぁ、仕方が無いけど。パニックを避ける為に、不安を煽る様な報道は控えてる筈(はず)だし。」

「実際は、もっと深刻な状況って事ですか?」

 直美は立花先生に問い掛ける。

「今は、何とかなってるわよ。多分、暫(しばら)くは何とかなるでしょう。でも、五年先は判らないわ。 先週みたいな事件が段々増えて来てるのは知ってるでしょう? エイリアンの襲撃の規模は、緩やかだけど増加傾向だし、今と同じペースで増え続ければ、十年後には確実に、経済的に破綻するでしょうね。人類側が。」

「でも、エイリアン・シップは一隻だけなんですよね? たった一隻で、そんな、十年も攻撃し続けられる訳が無いじゃないですか。」

「つまり、新島さん…だったわね。 あなたは、いずれエイリアン側が弾切れになって引き上げるだろう、と思う訳ね?」

「政府とかは、そう考えているんじゃ…。」

「そんな発言をする、評論家や政治家は居るけどね…こんな計算をした人が居るのよ。今まで、この四年間に、地球に降下したエイリアン・ドローンの総質量を推定したの。計算式は割と簡単よね、ドローン一機の重量に降下した数を掛ければ計算出来るわ。ドローンの重量は米軍の発表値が有るし、降下した数は各国が発表した、ドローンの撃破数を合計すればいい。で、その結果がどうなったと思う?」

「…分かりません。」

「推定されるエイリアン・シップの質量を、とっくに超えてたそうよ。」

「それって、運んできた船の質量より多くの荷物を下ろしたって事ですよね。集計が間違ってるんじゃないですか?」

「各国がドローンの撃破数を水増しして発表している可能性は有るでしょう。エイリアン・シップが見掛けよりも大きな質量を持っているのかも知れない。その幅を見込んでも、既に、ドローンの方が多く降りて来ている事が推定される、と、計算した人は主張しているわ。」

「…そんな、バカな。」

直美は困惑する一方だったが、緒美は冷静に、一つの見解を口にした。

「それは、つまり補給を受けている、と言う事ですよね。」

「そう、方法は分からないけどね。月の資源を使ってドローンを作っているんじゃないかって言う人も居るけど…まぁ、実際の所は分からないわ。月の裏側に、もう、数十隻のエイリアン・シップが来ているのかも知れないし。 問題なのは、敵の弾切れを期待する訳には行かない、って事。」

 立花先生は紙コップに残っていたお茶を、一気に飲み干した。

「兎に角、相手の物量の底が知れないからには、もっと効果的な対抗策を持つ必要が有るのよ。一刻も早くね。 現在の兵器システムが相手の機動兵器に対応し切れてないのは明白だし、その点で、鬼塚さんの着想は防衛軍や本社と方向性は同じだったのよ。 陸上で被害を出さない様に対応出来る兵器システムの開発と、防空システムの効率…要は命中率の改善ね。」

「…立花先生は、本社で検討していた内容に、随分とお詳しい様ですけど?」

 黙って聞いていた恵が、突然、口を挟んで来た。立花先生は、即答する。

「当然よ。企画部で、その検討チームに居たんだから。こっちへの出向が決まって、半年ほど前にチームから外れたけど、結局、わたしが居た頃から現在まで、対抗出来る兵器システムについてのアイデアは具体化まで、検討が進んでいなかったのね。それが、今回の件で判ったわ。 で、鬼塚さんのレポートには、私たちが纏(まと)め切れなかった具体的なアイデアまで盛り込まれていた。だから、本社に送って様子を見たのよ。」

「でも、わたしのアイデアは理論だけ、まだ机上の空論ですよ? 研究、開発しなければいけない技術項目が、ざっと二百項目以上有ると、レポートにも書いた通りです。」

 緒美はじっと立花先生を見詰めている。

「そうね。全部、一から開発してたら十年どころか、三十年は掛かるでしょうね。」

「それじゃ、結局、間に合わないじゃないですか。」

 呆れた様にそう言って、直美は溜息をついた。

「一から開発すれば、の話よ。鬼塚さんは未だ、本社の技術がどんな物か知らないであのレポートを書いたから、そう言う結論になっているけど。うちの持ってる技術をフル活用したら、どうなるのか。それを先ず、考えて欲しい…と言うのが、本社からの依頼。どう?」

「どうして、そんなに、わたしにやらせたいんですか?」

 緒美は、立花先生や本社の真意を計り兼ねていた。それを知らずに安請け合いは出来ない、そう思っていたのだ。



- to be continued …-


※この作品は現時点で未完成で、制作途上の状態で公開しています。
※誤字脱字等の修正の他に、作品の記述や表現を予告無く書き換える事がありますので、予めご了承下さい。