WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第2話.06)

第2話・鬼塚 緒美(オニヅカ オミ)と新島 直美(ニイジマ ナオミ)

**** 2-06 ****

「そんなの単純よ。わたし達は、あなたのセンスに期待しているの。」

「期待、ですか。」

「勘違いしないで。仕事を丸投げして、責任を全部押しつけようって話じゃないのよ。あなたは未だ学生なんだから、責任は大人が持つの、当然よ。あなたの柔軟な思考で、アイデアを具体化する方策を練って欲しいのよ。具体化する作業はワン・ステップずつ、費用と効果を勘案して次へ進むかどうか、本社側が考えるわ。効果が見込めない様なら、計画は中断されるし、例えば試作に失敗したからって、あなたに責任を取れなんて迫ったりしないわよ。安心して。」

「それは有り難い申し出だと思いますが、本社の技術を、わたしはどうやって知ればいいんですか?」

 待ってましたと言わんばかりに、立花先生は長机の上に置いてあったバッグから、一つのメモリー・デバイスを取り出して、言った。

「それで、これを鬼塚さんに預けようと思うの。本社の『技術データベース』にアクセス出来る、メモリーキー。」

「…技術データベース、ですか。」

「本来は社外からはアクセス禁止なんだけど、この学校の、この部屋の回線からのみ、このメモリーキーを挿した端末から、パスワードを入力したらアクセス出来る様に仕掛けがしてあるわ。勿論、閲覧は厳重注意で、内容を外部に漏らす事は厳禁だけど。『特課』の生徒なら、その辺りの事は入学時に誓約した通りよ。」

「なんだか…物騒なお話になってきましたね。」

 緒美はちょっと身を引いて、作り笑いを浮かべている。立花先生はニッコリと笑って、言った。

「でしょう。鬼塚さんにやる気があるなら、これをあなたに預けるわ。勿論、無理強いはしないけど。」

「先生は、わたしが断る可能性は考えてました?」

 意地の悪そうな表情を作り、敢えて緒美は聞いてみた。

「20パーセント、くらいかな。」

「八割方引き受けると? どうしてですか?」

「だって、断るくらいなら、そもそも、あんな研究レポートなんて書かないでしょう?」

 緒美は口元に笑みを浮かべ、右の掌を上にして、立花先生へ手を差し出す。

「分かりました。お預かりします。」

「契約成立、ね。」

 立花先生も同じ様な笑みを浮かべて、緒美の掌の上に、メモリー・デバイスを載せた。

「さて、勢いで色々、話しちゃったけど。あなた達はどうする?」

 立花先生は、恵と直美へ交互に視線を送った。

「わたしは雑用程度なら、緒美ちゃんのお手伝いをする積もりですけど。勿論、緒美ちゃんが嫌でなければ。」

「雑用よりも、いろいろと計算を手伝って貰いたいわ。森村ちゃん、数学、得意だから。」

「わたしで出来る事なら。直ちゃんは、どうする?」

「わたしは…鬼塚さんの役に立てるとは思えないわ。悪いけど。」

 直美は上体を少し反らし、視線を天井へ向けた。

「新島さん、あなたはこの学校の『特課』を選んだくらいだから、技術者志望なんでしょ。だったら、この活動に参加する事で得難い経験が出来ると思うけど?」

 立花先生は、直美を見詰めて言った。

「いいじゃないですか、先生。無理強いする事じゃないですよ。」

「あら、当面は理論研究だけだとしても、先々、ある程度は人手も必要よ。それに、部活の体裁的にも部長、副部長、会計の三役は揃ってないといけないし。」

「森村ちゃんは、どう思う?新島さんの事。」

 緒美が恵に意見を求めたのが、妙に唐突に感じて、直美は思わず声を上げた。

「なんで、森村…さんに聞くのよ。鬼塚さん。」

「わたしは、あなたの事、正直、良く知らないもの。」

 確かに、こんなに緒美と会話をしたのは、入学以来一ヶ月の間で今日が初めてだったのだと、直美は漸(ようや)く、その事実に気が付いた。

 

- to be continued …-


※この作品は現時点で未完成で、制作途上の状態で公開しています。
※誤字脱字等の修正の他に、作品の記述や表現を予告無く書き換える事がありますので、予めご了承下さい。