WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第3話.03)

第3話・Ruby(ルビィ)・1

**** 3-03 ****


「起動って言っても、疑似モードだけどね。打ち合わせ通り。」

 茜に、緒美はそう言って恵から受け取ったヘッド・ギアを渡した。そして茜はヘッド・ギアを装着し、再びアンテナが取り付けられたスタンドの前に立つのだった。

「メンテナンス・リグ、電源投入します。樹里、いい?」

 メンテナンス・リグのセッティングをしていた瑠菜が、声を上げる。

「どうぞ。こちらはスタンバイ。」

 樹里は先程の計測機器とは別の、HDG のデバッグ用コンソールに移動して、キーボードに手を掛けて待機している。

「はい、電源投入。」

 瑠菜がメンテナンス・リグのコンソールを操作して電源を入れるが、この段階では別段の変化は無い。瑠菜はコンソールのモニタでメンテナンス・リグにエラーが発生してない事を確認して、HDG の正面側に廻り、HDG 背部ユニット正面のパネルを開いて、その中のスイッチに指を掛ける。

「本体電源、投入します。」

 瑠菜は本体の電源スイッチを「ON」の側へ倒した。HDG からは微かな機械音が漏れ聞こえるが、またしても特に変化は無い。

「はい、ステータス、受信しました。」

 コンソールのモニタで状態を監視している樹里が、起動を確認して声を上げる。

「天野さん、そちらでもステータスを確認出来る? ヘッド・ギアのスクリーン。」

「スクリーンを下ろすのは思考制御で?」

「そうそう、スクリーンが顔の前に降りてくる動作をイメージして。」

「やってみます。」

 茜が数秒意識を集中すると、額の位置に上げられていたゴーグル型のスクリーンが目を覆うように下げられた。すると、スクリーンの表示が二度、三度と切り替わる。

「はい、ステータス表示来ました。本体起動状態確認。接続待機中、ですね。」

「オーケー。じゃぁ、疑似接続コマンド送信します。」

 樹里がコンソールのキーボードを軽やかに叩くと、HDG の腰部分の接続リングが収縮し、後方へ跳ね上げられていた上部フレームが前方へ降り、さらに開放状態だった脚部パーツが閉鎖された。それと同時に、HDG の腕と脚パーツの位置がスッと少しだけ動いた。茜の手脚の位置と同期したのだ。

「城ノ内さん、HDG からの座標フィードバック値は、合ってる?」

「はい、天野さんのインナー・スーツと、HDG のフィードバック値、オブジェクト座標にズレはありません、部長。正常に作動してるみたいですね、今のところ。」

「じゃぁ、天野さん。ちょっと右手を上げたり、下げたりしてみて。」

「は~い、動かします。」

 茜は、緒美のリクエスト通り、右手を上げ下げしたり、曲げ伸ばしをしたりしてみる。すると、茜の背後のメンテナンス・リグに接続された HDG の右腕も、茜の腕に同期した動作を見せるのだった。それを見守っていた一同は、「おぉ」と、どよめくように声を上げた。それは、三年生にすれば二年間、二年生にとっては昨年一年間、仕様検討から基礎設計までを手がけてきたその実機が、設計通りの動きを見せた瞬間である。例え、詳細設計や加工、組み立ての大半を本社の大人達が行ったという事実があったにせよ、それが初起動の感動を減じる物ではなかった。
 一方、茜には、そんな上級生達の感慨は理解出来なかったので周囲の様子を少し奇異に感じ、思わず HDG の方へ振り向いた。当然、HDG はその動きをもトレースするので、上半身部分が振り向いたように捻れた。その HDG の動きが、何となく滑稽に見えたのか、上級生達はどっと笑ったのだった。
 茜は、そんな上級生達の様子が、なんだか楽しくて、一緒に笑っていた。

「天野さん、もう少し両手両脚、いろいろ動いてみて。」

 樹里が、少し笑いをこらえるように、茜にリクエストする。

「はい。」

 茜は、ラジオ体操のように両腕を振り上げたり、膝の屈伸運動をしたり、少し、ダンスのようなポーズをとったりと、次々に動きを変えて見せる。すると、茜の背後で HDG が同じように動きを変えるので、それを見た先輩達は、また、笑うのだった。

 

- to be continued …-