WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第4話.01)

第4話・立花 智子(タチバナ トモコ)

**** 4-01 ****


 時間軸は再び二年ほど遡って、2069年12月13日金曜日。
 この日の午後、立花 智子は天野重工企画部第三課の小峰課長に、定例会議の終わりに呼び止められていた。会議室に二人だけが残ったのを見計らって、小峰課長が口を開く。

「立花君、キミにとっては残念な話になるかも知れないんだけどね…。」

 呼び止められた時点で嫌な予感はしていた智子だったが、その小峰課長の口ぶりが予感を確信に変えた。

「…来年から、キミには天神ヶ崎高校への講師として出向してもらう事になったんだ。」

「業務命令…の、内示、ですか。」

 小峰課長は、右手を口元にあて、人差し指の腹で鼻の下を擦るような仕草をしている。それは言い難い事柄を告げる時、言葉を探す時の彼の癖だった。智子も、小峰課長の、その癖のことは承知していたので、それで「業務命令の内示が覆る可能性がないのだな」と察したのだった。

「うちとしても、この時期にキミに抜けられるのは困るんだけど、ねぇ…まぁ、ほら、人事部の決定だし、各部から公平に、順番に講師を派遣してるからね。 あ、『天神ヶ崎高校』の事は知ってるかな?…立花君は一般校の卒業だったよね、確か。」

「天野重工が運営している、自社の技術者養成のための高校の事ですよね、『天神ヶ崎』って。」

「そうそう。開発や設計には天神ヶ崎卒の社員が少なくないんだが、企画には居ないからね、イマイチ、ピンとこないだろうけど。」

「企画一課の松崎さんは天神ヶ崎の卒業生だって、聞いた記憶が有りますけど?」

「あぁ、松崎君はそうだったかな~…」

 小峰課長にはまだ、他に言い難い事が有るのだろうなと察した智子は、その言い難いであろう事柄を自分から聞いてみる事にした。

「それで、出向期間はどれくらいに?」

 小峰課長の指の動きがピタリと止まり、彼は大きく一つ息を吐いた。

「出向期間は五年、だ。」

「五年、ですか。長いですね。」

 智子もまた、大きく息を吐いた。

「誤解して欲しくはないんだが、これは左遷とか、そう言った類の話じゃないんだ。」

「はい。」

「立花君は入社七年目だったかな…ようやく、第一線で働けるようになった時期に五年も持って行かれるのは勘弁してくれ、と、まぁ、人事には言ったんだけどね。」

 確かに、防衛軍から依頼を受けた『HDG 案件』の検討チームでおよそ一年間、中心的な役割を担ってきたのに、その結果も見られないままチームから離れなければならないのは、智子にとっても残念でならなかった。

「どうしてわたしに講師の役目なんかが回ってきたんでしょう?」

「あぁ、特許関連の法務がキミの専攻だったよね、大学で。それで、天神ヶ﨑の方で特許法関連の講師が必要になるんだそうだ。今、担当している講師の方が、今年度で退職されるとかでね。」

「なるほど…。」

 そもそも、大学で学んだ特許関連法務の知識を活かそうと天野重工に入社した智子だったのだが、実際の配属は、本人の志望とは違う企画部、それも防衛装備関連担当の第三課となり、入社当初は愕然としたものだった。それでも、企画部であっても学んだ知識は必要とされる場合もあるかと、それまで興味など無かった防衛産業に関わる業界や、防衛装備の技術などを勉強し、ようやく、今の仕事の面白さが分かってきたのがこの数年の事だったのだ。それが、今になって、自身の特許法関連の専門知識が、今の仕事から自分を引き離す事になろうとは、智子にしてみれば何とも皮肉な展開だと言わざるを得ない。

「『HDG 案件』は今後、どうなるんでしょうか?」

「それもねぇ…キミも知っての通り、防衛軍の中でもあの案件については具体的なビジョンが有る訳じゃないからね。現場や制服組は現有の兵器システムではエイリアン・ドローンに対処出来ないから何か新しいものを欲しがって居るんだが。背広組は、今あるもので対処しろ、と言うのが大勢だしね。そうなると、防衛省とか政府の方で先ず、意思統一というか方針を定めて貰わないといけない筈なんだが…役人や政治家は、ますます防衛装備の事なんか分かっちゃ居ないから。政府で正式に予算が付いて、防衛省から GO サインが出るまでには、まだ時間が掛かるんだろうね…。」

「そんな悠長な事、言ってる時間があるようには思えませんけど…。」

「分かってるよ。その辺りの危機意識はね、こっちの業界の方がまだ、政府よりも真面目に考えてると思うよ。防衛軍に具体的なビジョンが無いなら、こっちの持ち出しででも新しいものを開発して、防衛軍に提示するぐらいの事は考えて良い、と、まぁ、うちの部長なんかは言ってるんだけど。…ただ、今の検討段階のじゃぁ、うちの開発でも『形にならん』そうだから、もっと具体的なアイデアがないとね。今はまだ、うちの中でも予算の付けようが無いよなぁ。」

 小峰課長は「う~ん」と唸りながら、会議室の天井を見つめていた。そして、数秒おいて智子の方へ向き直り、話し始めた。

「まぁ、天神ヶ崎へ出向になっても、キミの籍はうちに残るし、出向期間が終われば間違いなく元の職場に復帰出来る事は、会社として保証するそうだからね。それに、出向者が『浦島太郎』にならないように、フォローも有るそうだから、こっちの心配はしないで行ってきてくれないかな。」

「業務命令と有れば、仕方ないですね。」

「すまんね。正式な辞令は追って出ると思うけど。来年一月から、三ヶ月間、出向者には研修が有るそうだから、年内一杯でキミの担当内容は田所君に引き継いでおいて。彼には、わたしの方からも言っておくから。」

「わたしが抜けた穴埋めの人事は無いんですか?」

「そうなんだよ~。こっちは中堅一人取られるんだから、使える奴を一人回せって言っても、人事は、すぐには無理だ、の一点張りだもの。スケジュールと人の割り振り考えるこっちは、たまったもんじゃないよ。」

「取り敢えず、お話は承りました。以上でよろしいですか?」

 智子は席を立ち、机の上に出したままだったモバイル・パソコンのディスプレイを閉じた。

「うん。…あ、そうそう。出向関連の細かい事については人事部一課の三島さんが窓口だそうだから。詳しい事はそっちに問い合わせてくれ、だそうだ。」

「わかりました。人事一課の三島さんですね。…では、取り敢えず業務に戻ります。」

 資料ファイルとパソコンを胸元に抱え、智子は小峰課長へ一礼すると、会議室から出て行った。



- to be continued …-