WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第4話.02)

第4話・立花 智子(タチバナ トモコ)

**** 4-02 ****

 その日から年末に掛けて、智子は残務整理と業務の引き継ぎに追われ、2069年も暮れていった。

 年が明け 2070年になると、天神ヶ崎高校への出向に向けての研修が開始された。この期に新たに講師として出向になるのは、智子の他に二人居て、一人は開発部設計課から、もう一人は製造部製造技術課からで、どちらも智子と同年代の男性社員だった。
 研修の内容は、天神ヶ崎高校のシステム的な解説から始まり、事務手続き全般の説明や、講師としての勤務内容、講義に関する準備や心構えなど、駆け足ではあるがその密度は濃かった。そんな訳で、研修期間の三ヶ月はあっという間に過ぎ去り、四月になると三人は予定通りに講師として天神ヶ崎高校へ赴任する事となったのである。

 因みに、その頃の情勢についてであるが。日本についてのみ言えば、島国であるが故、もともと防空レーダー網が濃密であったことが幸いし、エイリアン・ドローンを洋上で補足・迎撃を行う体制の構築が早い時期に整っていた。そのため、エイリアン・ドローンに上陸される確率は他の国々より比較的低く、この頃には攻防の均衡が取れ始めていたので、それらによる襲撃に対する社会不安は可成り和らいでいた。
 それでも、都市部では時折、洋上迎撃をすり抜けたエイリアン・ドローンが市街地に到達し、被害をもたらす事件は起きていた。一般人に対する人的被害を最小限にするべく、幾つかの方策は講じられていたので、被害のほとんどが建造物に関するものになってはいた。それはそれで、損害の補償を誰がどうするのかが、政府にとっては頭の痛い問題ではあったのだ。と言うのも、市街地に侵入したエイリアン・ドローンを撃退するために防衛軍が出動すると、防衛軍の攻撃によって破壊される家屋や建造物が少なくないからだった。従来型の装備、例えば戦闘機の装備する空対地ミサイルや、戦闘車両の榴弾砲戦車砲など、装備の威力が大きいほど周囲への影響も大きくなるし、更にそれらは百発百中では無いのである。目標によって回避されてそれらが流れ弾になってしまうと、どうしてもそれらによって周辺建造物への被害が拡大してしまうのである。
 したがって、政府と防衛省の思考は「極力、洋上で迎撃を行い、上陸はさせない」と言う方向に傾き、その為の体制強化に力が注がれる事になっていった。そんな流れの中で、防衛軍が防衛産業各社に検討を打診した『HDG 案件』については、その実現性に関する技術的ハードルの高さや、開発に掛かるコストと時間が、案件に対する上層部の興味を失わせていたのである。その一方で、エイリアン・ドローンに上陸された際に前線で対峙する事になる防衛軍部隊には、少なからず人的被害も発生する上、従来型装備での迎撃による周辺被害の拡大も世間から問題視されるので、その状況を打開出来る『新兵器』を要求する気運が、その前線部隊の間では高まっていたのである。

 …と言った具合に、智子が今まで住んでた都市部ではエイリアン・ドローンによる襲撃事件が深刻な社会問題だったのだが、新たに赴任してきたこの『地方』の山間部では、それはテレビ報道の中だけの出来事ような、そんな雰囲気が漂っていたのが、智子には不思議だった。
 勿論、日々の会話でその話題が取り上げられる事は少なくはないのだが、それはどこか他人事のような、そんなニュアンスが感じられたのである。

「この辺りは、まだ一度も、エイリアンとかの襲撃を受けた事は無いんですよ。陸上防衛軍の駐屯地とかも近くにあるから怖いね、とは言ってるんだけどね~。」

 駅から学校まで、移動の際に乗ったタクシーの運転手がそんな事を言っていたのを思い出し、「それも仕方がないのかな」とも思う智子だった。

 学校が始まると、智子は共に赴任してきた他の二人とは、ほとんど顔を合わせる事もなくなった。単身の男性職員は学校の敷地内にある職員用の寮に、単身の女性職員は女子生徒と同じ女子寮に、それぞれ宿舎を割り振られてしまったし、昼間は、実習工場での授業担当助手に任命された他の二人は猛烈に忙しい様子だった。そもそも、天神ヶ崎高校には教師や講師が待機する、所謂『職員室』と言う物が無かったので、会議に呼び出されない限り他教科の先生達とは、顔を合わせる事が無かったのである。『職員室』が無いので、教員それぞれには『居室』が用意され、授業がない時間は各人がそこで、授業の準備や研究などに集中出来るように配慮されていた。
 『特許法』に関する授業の講師として赴任した智子の場合は他の二人とは対照的で、はっきり言って「暇」だった。
 『特許法』の授業は、三年生に対する授業の予定は夏以降に組まれていたし、二年生に対する授業は秋口から、一年生に対する授業は更にその後、翌年の一月からの予定だった。全ての学年について、一年間を通して授業を行うほどのボリュームでは無かったのである。
 そんな智子に割り振られた、もう一つの役割が天神ヶ崎高校では伝統のある『兵器開発部』の顧問の役目だったのだが、その『兵器開発部』も、今では『幽霊部員の巣窟』であり、開店休業状態であると知って、智子は愕然としたのだった。

「わたしもね、本社、企画部の OB なんですよ。そうは言っても、退職したのは十年も前の事なんだけどね。」

 そう言って笑ったのは、赴任して早々、学校に慣れるまでの間の世話役として紹介された、前園氏である。彼の言う通り、定年退職後に天神ヶ崎高校の講師となり十年ということで、可成りの高齢ではあったのだが、年齢を感じさせない、矍鑠(かくしゃく)とした老紳士といった風体の人物である。
 その日は、2070年4月1日火曜日。天神ヶ崎高校では前期の始業式が行われた日で、式の後、校内の案内などを一通り済ませて、学食の一角で前園氏と智子はコーヒーを飲んでいた。校内は明後日に控えた入学式の準備で、教師や生徒会の面々は忙しそうにしていたのだが、本社から出向してきている講師達には特に役目も無いので、手持無沙汰にしている者がほとんどだった。



- to be continued …-