WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第5話.08)

第5話・ブリジット・ボードレール

**** 5-08 ****


 そして、放課後。茜とブリジットは滑走路のある学校の敷地の南側、第三格納庫へと向かう歩道を歩いていた。

「そう言えば、こっちの方へ来たのは初めてだわ。」

「飛行機部と兵器開発部以外の人は、グラウンドより南へは用がないもんね、普通。」

 そんな会話をしつつ、第三格納庫の北側を東へと進み、格納庫の角を南へと曲がると、二階の部室へと上がる外階段が見えてくる。
 ブリジットは茜について、階段を登っていく。茜が部室のドアを開けると、先輩達と顧問の立花先生、そして、本社から出張して来ている実松課長と畑中が既に来ていた。

「すいません、遅くなりました?」

 茜が入り口に付近に立ったまま声を掛ける。

「大丈夫よ…あら?」

 茜の声に応えたのは立花先生だったが、早速、茜に背後に立っているブリジットに気がついた。ブリジットは背が高く、赤毛のポニーテールも、欧米人らしい顔立ちも、兎に角目立つ容姿だったのだから無理もなかった。
 茜はブリジットの右腕を両腕で抱えるようにして、彼女を室内に引きこんで横に並んで言った。

「今日、どうしても友達が見学したいって言ってるんですけど、駄目でしょうか?」

 ブリジットは何となく雰囲気に押されて、軽く会釈をする。

「この部活を見学すると、天野重工本社の機密事項とか色々あって、入学する時に契約した守秘義務だとか、面倒臭い決まり事を守らなくちゃいけなくなるけど、それを承知しているなら、見ていってもいいわよ。」

 緒美は茜から、寮で同室のブリジットの事は幾度か聞いていたので、「機密」に関する念押しだけをした。

「はい。ありがとうございます。」

 ブリジットは返事の代わりに、もう一度、ペコリと頭を下げるのだった。

「寮で時々見かけるけど、日本語、大丈夫なのよね?」

 今度は恵がブリジットに問い掛ける。

「あ、はい。大丈夫です。」

「ブリジットは、日本生まれの日本育ちですから、容姿はこんなですけど、中身は日本人ですから。寧ろ、英語やフランス語の方が苦手だものね。」

「あ、うん。苦手なのは話す方、です、けど。」

 緊張しているのか、ブリジットの返事が淡泊なので、茜がフォローをしているのである。

「さて、じゃぁ、今日のテストを始めたいから、準備をお願いね、天野さん。」

「はい、じゃ、着替えてきます。」

 緒美に促され、茜はインナー・スーツに着替えるため、ブリジットの元を離れて隣の資料室へと向かう。

「あ、手伝うわ~茜ン。」

「すいません、お願いします、佳奈さん。」

 佳奈が茜の着替えを手伝うために席を立つと、他のメンバーも準備のために階下へと向かうのだった。

「あぁ、鬼塚。彼女はわたしが相手しておくわ。」

「うん、お願い。」

 階下へ向かう一同から直美だけが離れ、入り口付近で所在なさそうに立ち尽くすブリジットへと歩み寄っていく。

「あなた、お名前は?」

「ブリジット。ボードレール・ブリジットです。」

「じゃぁ、ボードレールさん?」

「ブリジットでいいです。」

「そう。じゃ、ブリジットって呼ばせて貰うわね。わたしは新島 直美、一応、この部活の副部長って事になってるわ。」

 直美は部室の中央の長机の方へと移動し、椅子を一つ引いて、ブリジットに向かって手招きをする。

「こっちへいらっしゃい。下の見学をする前に、ちょっと、お話をしたいの。」

「あ、はい。」

 ブリジットは直美の指定した席に座り、その向かいに直美も座った。

「あなたは、別にこの部活に興味があって…要するに、入部希望とかで来たんじゃないのよね?」

 直美は真っ直ぐ、ブリジットの目を見つめて、そう切り出した。それに対して、取り繕う必要性も感じなかったので、ブリジットは素直に答える事にした。

「はい…茜が、この部活で危険な事をしてるって聞いたので、様子を見に来たんです。」

「危険な事?」

「昨日、飛行機部の先輩が見たって、わたしはバスケ部の先輩から聞いたんですけど。」

「あぁ、昨日の、ね。確かに、端から見てたら危険に見えるわ…なるほど。天野…さんは、なんて?」

「茜は、危険な事はしてないって言うんですけど、幾ら説明を聞いてもよく分からなくって。」

「そう。…この部活で、天野重工…本社の委託で軍事用パワード・スーツの開発をやってる、っていう話は聞いてる?」

パワード・スーツ云々って言うのは聞いた覚えがありますけど。本社とか軍事用とかのお話は、初耳です。」

「あぁ~それじゃ、あなたが何度説明を聞いても…っていうより、天野が分かるように説明が出来ないのも無理もないかなぁ…。」

 直美は腕組みをしてうつむき、大ききな溜息をつくのだった。



- to be continued …-