WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第6話.11)

第6話・クラウディア・カルテッリエリ

**** 6-11 ****


 そんな具合で、昼休みも半ばを過ぎた頃。クラウディアと維月はそれぞれ昼食も食べ終わり、茜達と分かれて、先に食堂を出て教室へと向かったのだった。その途中、廊下を歩きながら維月はクラウディアに言うのだった。

「天野さんとは仲良くなれそうじゃない?」

「仲良くなる必要なんて無いわ。わたしは彼女に勝てればそれで良いの。もっとも、向こうが仲良くしてくださいって言ってくるなら、考えなくもないけど。」

 クラウディアは、そう言って笑う。

「そうやって、あなたが突っ掛かって行かなければ、さっきみたいに普通に受け入れてくれるわよ。折角、同じ部活になったんだから、わざわざ敵対する事もないでしょう?」

「対抗心は Motivation(モチバッツィオン)を維持するのに必要なのよ。」

「何?モチバ…あぁ、モチベーションね。ドイツ語だと、そう言う発音になるんだ。」

「モチベーション…カタカナで発音すると、そうなるんだったわね。発音にアクセントがないのは、日本語の不思議の一つだわ。」

「あはは、あなたと話してると、色々と気づく事があって面白いわ~クラウディア。」

 維月は隣を歩くクラウディアの頭を、右手でポンポンと優しく叩くのだった。クラウディアはその手を払い除けて、言った。

「頭を叩くのは止めて、イツキ。」

「あぁ、ごめん、ごめん。いやぁ、ちょうど良い高さだからさ、つい、ね。」

 そして、また「あはは」と維月は笑うのだった。


 一方、食堂に残っていた茜達は、昼食後にお茶を飲みながらおしゃべりを続けていた。

「さっきの、クラウディアさん? ブリジットと何かあったの?」

 事情を知らない九堂さんが、ブリジットに問い掛ける。

「別に何かあった分けじゃないけど。あんまり茜に突っ掛かってくるからさ。だったら、こっちの態度も刺々しくなるってものじゃない。」

「あぁ、それでか~ブリジットは天野さんラブだもんね。」

 ブリジットの回答に、笑いながら村上さんがそう言った。

「入学式のあとの時もだけど、どうしてあの子は天野さんに?」

 今度は茜に、九堂さんが尋ねる。

「入試の成績で、わたしに負けたのが悔しいんだって。」

「へぇ~、成績良いのも考え物ね~。」

 茜が理事長の孫で、入試の成績がトップだったという事は、この頃には全校に知れ渡っていた。噂の出所は定かではないが、一年生達は上級生から伝え聞いたと言う事だけは判明していた。

「それで、今度の中間試験で茜に勝ってみせるって息巻いてるわ。」

 ブリジットが呆れたように補足を加える。

「学科が違うのに、勝つも負けるも無いわよねぇ。」

 と、感想を漏らす茜に、村上さんが意外な事を言い出した。

「そうでもないわよ。中間と期末の試験成績は、学科関係無しに各教科の総得点順で上位三十名の名前は発表されるって聞いた、先輩から。」

「えっ、何それ?」

 思わず、聞き返す茜だった。

「天野さんはそう言うタイプじゃないけど、あの子みたいに、そう言う事で燃えるタイプもいるからじゃない? 成績上位者には何か特典も有るって話も聞いたけど、まぁ、わたしや敦実には無縁のお話よね~。」

「あはは、そうそう。」

「入試でトップだって言っても、入試を受けてない推薦枠で入学した人も居るんだし。中間試験でわたしが上位に行けるとは限らないでしょ。だから、わたしにも関係ないわ。」

 九堂さんと村上さんに、そう言って笑う茜だったが、向かいに座っているブリジットは浮かない表情で言った。

「取り敢えず、わたしは上位なんて望まないから、赤点だけは回避しないと。」

「あなたは二つも部活を掛け持ちしてるからよ。」

 溜息をつくブリジットに、容赦なく突っ込む九堂さんだった。

「わたしも付き合うから、今日も試験範囲の復習、頑張りましょう。」

「迷惑掛けるわねぇ、茜~。」

「ブリジット、天野さんに教えて貰ってるの!?」

 村上さんが少し驚いたように、そう言い、更に続ける。

「今日の教科は?」

「数学か物理、だけど?」

 その答えを聞いた村上さんは、目を輝かせて茜に頼み込むのだった。

「ねぇ、わたしも一緒に教えて貰えないかな?」

「え、あぁ、ブリジットが良ければ、いいけど。」

 村上さんは、ブリジットの方へ向き直り、胸の前で両手を合わせて言う。

「いい?ブリジット、お願い。」

「あ…うん。構わないけど。」

 村上さんの語気に押されるようにブリジットが承諾すると、そこに九堂さんが割り込んできたのだった。

「あ~敦実だけずるいっ!わたしも一緒にお願いできない?」

「いいけど、四人も入ったら狭いわよ、部屋。」

 女子寮の部屋の、快適性について釘を刺す茜である。

「大丈夫、大丈夫。四人だったら入れるって。よし、じゃあお菓子とか飲み物は、わたしと敦実が持参するから。」

「ちょっと、真面目に勉強する気、ある?」

 今度は、勉強に対する態度について釘を刺す茜である。更に、ブリジットが言葉を続ける。

「それに、試験勉強は夕食の後、よ。」

「お菓子は別腹に決まってるじゃない。それに、わたしは頭を使うと、口寂しくなるのよね。」

 透かさず返された九堂さんの発言に、茜とブリジットは顔を見合わせ、笑った。



- to be continued …-