WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第7話.09)

第7話・瑠菜 ルーカス(ルナ ルーカス)と古寺 佳奈(コデラ カナ)

**** 7-09 ****

「真面目にやる気のある人で、秘密保持の意味が分かる人、って言うのがウチとして希望する人材なの。誰でも良いって訳にはいかないのよね。だから、ああいう場で人を募(つの)るのは、控えた方が良いかなって思ったのよ。」

「とは言え、人手も必要なのよね、実際。」

 緒美に続き、直美が苦笑いしつつ、言った。

「分かりました。取り敢えず、秘密保持については誓約の通り、約束します。」

 瑠菜がきっぱりとそう言うと、緒美はニッコリと笑顔を見せて、話し始めた。

「そう。 じゃ、まず、現在の活動のテーマから。これは一応、秘密ではないんだけど、あまり他人(ひと)には言わない方が良いと思うのよね。言っても、笑われるのが落ちだから。 で、そのテーマと言うのが、対エイリアン・ドローン用のパワード・スーツの開発、なの。」

 その緒美の発言に一呼吸置いて、相変わらずぼんやりとしている風の佳奈を横目に、瑠菜が質問する。

「それは確かに、耳を疑うテーマですけど…どうしてそんな兵器なんかを?」

「どうして、って。ここは『兵器開発部』だから。」

「すみません、聞き方が拙(まず)かったです。何故、テーマがパワード・スーツで、しかもそれが対エイリアン・ドローン用なのか?です。」

 その問いに答えたのは、黙って成り行きを眺めていた立花先生だった。

「それに答えようとすると、話が長くなるんだけど。誤解を恐れず、簡潔に言えば『巡り合わせ』、なのよね。鬼塚さんが個人的に対エイリアン・ドローン用のパワード・スーツについて研究してて、偶然、天野重工本社でも同じテーマの検討をしていた、と言う『巡り合わせ』。」

「そして、その本社での検討チームの一員だった立花先生が、この学校に講師として赴任してきて、この部活の顧問になった、と言う『巡り合わせ』も、ですね。」

 立花先生の言葉を受け、緒美はそう言って微笑むのだった。そして、瑠菜と佳奈に対して、緒美は説明を続ける。

「そんな訳で、この部活では本社からの外部委託と言う形で、HDG…あ、開発中のパワード・スーツの事ね、その開発作業を進めているわけ。」

 そこまで緒美が話した時、ぼんやりとした表情のまま、佳奈が左手を肩の高さほどに挙げて緒美に尋ねた。

「あの、パワード・スーツって何ですか?」

 一瞬、時間が止まったかのように室内が静まり返る。流石にその雰囲気には違和感を覚えたのか、佳奈が言葉を続けた。

「あれ? わたし、何か変な事言いました?すみません。」

「いいのよ。そうね、そこから説明が必要だったかもね。ルーカスさんは、パワード・スーツって、分かる?」

 笑顔のまま緒美は、佳奈の隣で苦笑いをしている瑠菜に問い掛けた。

「あ、はい。まぁ、何となく…SF の映画なんかに出てくる、人間が着るロボットみたいなの、ですよね?」

「まぁ、そんな認識で良いと思うわ。」

「ふぅん…よく分からないけど、分かりました。パワード・スーツについては、後で勉強しておきます。続けてください。」

 佳奈はそう言って、ペコリと頭を下げたのだった。

「開発テーマがどうしてパワード・スーツなのか、とか、どんなパワード・スーツなのか、とかは、説明を始めると長くなるから取り敢えず省略しましょう。ここで押さえておいて欲しいところは、この開発テーマについては学校や本社の方にも了承されている、と言う事。それから、本社には技術的な部分をサポートして貰っている、って言う事。複雑な機械になるから、当然、わたし達だけで設計するなんて無理。だから、わたし達はアイデアを出して、具体的な細かい設計や試作は本社にお願いする形になっているんだけれど、アイデアを本社の開発や設計に伝えるのに、相応の図面を、それも相当数、描かなくちゃいけないのよね。それで、その辺りの作業を担当してくれる人を募集しているわけ。ここまでは、いいかしら?」

「まぁ、秘密保持の絡みもあって結果的にこそこそ活動してるように見えるから、ウチの活動って学校内では他の生徒達に、ほぼ認知されて無いし。胡散臭い話に聞こえるだろうけど、別に悪い事をやってる訳じゃないから、そんなに警戒しなくてもいいわ。いや、寧(むし)ろ胡散臭い話に警戒心を持つくらい慎重な人の方が、秘密保持の方面では信用が出来て丁度いいくらいだけど。」

 緒美が一気に説明したのを受けて、直美が極めて明るいトーンで言い、付け加えた。すると、再び佳奈が左手を挙げて発言を求めた。

「何かしら?古寺さん。」

 緒美は微笑んで、佳奈に発言を促す。

「あの、わたしは他の人達とはちょっと、いろんな事のペースが違うので、あまり…特定の人としかおしゃべりは出来ないので…秘密の事とか大丈夫だと思うんです。わたしの事、信用して貰えますか?」

「逆に、会って間もないわたし達を、あなたは信用できる?」

 佳奈の質問に、緒美は質問で返すのだった。それに、佳奈の横で様子を窺(うかが)っていた瑠菜も驚くぐらいの反応で、佳奈は答えを返したのだった。

「はい! 何をやっているのかは、正直、よく分かりませんけど、少なくとも、先輩達がふざけているようには見えませんから。」

 佳奈の返事を聞いた緒美は、視線を恵の方へ向け、言った。

「だって。どうかな?森村ちゃん。」

 恵は椅子の背もたれに少し体重を掛けるように身体を反らし、一呼吸置いて笑顔で緒美に答えた。



- to be continued …-