WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第8話.13)

第8話・城ノ内 樹里(ジョウノウチ ジュリ)

**** 8-13 ****


 そして、一息ついてから、樹里は話を続けた。

「それで、祖父の遺品の中に、わたし用のプログラミングのテキストがありまして。祖母の話だと、祖父がわたしと約束した後から、子供でも解るようなテキストを作ってくれていたそうです。」

「お祖父様は、あなたに教えるのを楽しみにしていたんでしょうね。」

「らしいですね。 それで、祖父の持っていたマシンとか、雑誌や専門書とかの資料一式、わたしが譲り受ける事になしまして。わたしは祖父の作ってくれたテキストでマシンの操作とかプログラミングの基礎を勉強して、その後は、祖父から譲り受けた本とか、ネットの情報を頼りに独学で~って言う感じです。 特に、小六の頃は、ネットで専門的な事を質問しまくってたり。皆さん、親切に教えてくれたので、あの時期に随分と理解が進みました。」

「あ。」

 突然、安藤が目を丸くして、短く声を上げた。樹里は少し驚いて、安藤の方へ目を向ける。

「何ですか?安藤さん。」

「いえ、ちょっと唐突に、少し昔の事を思い出して。 樹里ちゃんが小六って、五年くらい前の事よね?」

「そう、ですね。それが何か?」

「わたしが入社した年の事だから、よく覚えてる…いや、今まで忘れてたんだけど。あの年、ネットで、ソフト関連でやけに専門的な事ばっかり聞いてる自称小学生がいるって話題、あったのよね。ネットの一部、主にソフト開発クラスタ界隈(かいわい)で。うちの課でも、こんな事聞いてくる小学生なんかいる訳ないだろうとか、言ってたんだけど。」

 樹里は安藤の話に心当たりがあったので、視線を一度宙に上げ、再び安藤へと戻した。

「あぁ~…その、自称小学生のハンドル・ネームとか覚えてます?安藤さん。」

「えぇっと…確かね『JJ』とか『ジュリエット』とか…え?『ジュリ…エット』?」

 樹里は照れくさそうに笑いながら、言った。

「あはは、それ、わたしです。」

「あ、あぁ~、あぁ、成る程ね。いや、なんだか納得したわ、凄く。うん、あはは、あぁ、そうか、そうかぁ~。 じゃぁ、あれは、やっぱり、本当に小学生だったんだ~。」

 安藤は一度手を打って、大きく頷いた。そこで、二人の会話を聞いていた恵が、少し茶化し気味に割って入る。

「意外と城ノ内さんは、昔から有名人だったのね~。」

「いえ、変に有名になりそうだったから、そうなる前に、ネットで質問するのを止めたんですよ。恵先輩。」

「そうよね、秋ぐらいからパッタリ、質問が上がらなくなったから、それはそれで話題になったものだったけど、当時は。 そのあとは、どうしてたの?」

 興味津々と言った体(てい)で、身を乗り出す勢いで安藤が問い掛ける。

「あぁ~そのあと、中学生になってからは…年齢を誤魔化して、企業とかが主催のプログラム・コンテストとかに応募してました。腕試しに。」

「それで?優勝しまくってたとか?」

 瞳を輝かせ、安藤が追求する。それに、少し困ったように樹里は答えた。

「いえ、さっき言った通り、応募するために年齢を誤魔化してたので。 プログラムの出来は良かったらしいんですが、参加規定以下の歳だったのがばれて自動的に不合格になったり、ばれる前にこちらから受賞を辞退したり、で。そんな訳で、受賞歴とか華々しいものは一切ありませんよ。賞金云々の話もあったんですけど、幸い、両親も特に欲を出さなかったもので~。 まぁ、今考えてみれば勿体無かったよね~って、母とは話す事がありますけど。」

「城ノ内さんのそう言うお話、初めて聞いたわね。」

 今度は緒美が、ポツリと言った。それに、恵が付け加える。

「城ノ内さんは、普段、自分の事はあまり話さないものね。」

「う~ん、特に聞かれた事も無かったので。それに、普段は聞き役に回る方が多いというか。」

「あはは、その辺り、城ノ内さんは『お姉さん気質』なのよね。」

 恵が笑ってそう言うと、樹里も微笑んで答えた。

「かも、ですね。実際、弟と妹がいますので、そのせいでしょうか?」

「あぁ、樹里ちゃん、『お姉ちゃん』だったんだ。樹里ちゃんの妹と弟なら、その二人も優秀なんでしょうね~。」

「いいえ、それが二人とも両親に似て、普通の女の子と男の子ですよ。家族には、わたしだけがこっち方面に填(はま)っちゃったのは、お爺ちゃんの隔世遺伝なんだって言われてます。」

 そう安藤に答えて、樹里は笑った。

「コックピット・ブロックの接続、完了しました。」

 突然、天幕下に Ruby の合成音が響く。樹里達が雑談をしている間に、自律制御で Ruby はコックピット・ブロックの再接続作業を進めていたのだ。勿論、樹里は雑談をしながらも、その状況をコンソールでモニターしていたのだが。
 そして、丁度、タイミングを同じくして、トランスポーター二号車が、畑中の運転で一号車の後方へと移動されて来て、停車した。

「オーケー。それじゃ、次はトランスポーター二号車の荷台に、自律制御、中間モードで上がってちょうだい。そのあとで、スリープ・モードへの移行作業をやってもらうから。」

 緒美は、ヘッド・セットのマイクで Ruby への指示を出す。それに対する Ruby の返事は、少し意外な内容だった。

「わかりました。その前に、『ゼットちゃん』と少しお話しする事は可能でしょうか?」

 『ゼットちゃん』とは、安藤の設計三課でのニックネームである。

「あぁ、良いわよ。ちょっと待ってね。」

 緒美は躊躇(ちゅうちょ)無く自分のヘッド・セットを外すと、安藤へと差し出し、言った。

「どうぞ、安藤さん。」

「ありがと。」

 安藤は腕を伸ばし、樹里の背中越しにヘッド・セットを受け取ると、首に掛けていた試験機材の制御班との連絡用ヘッド・セットを外し、緒美から受け取った Ruby のコマンド用ヘッド・セットを装着する。

「ハァイ、Ruby。安藤です、何かご用?」

「ハイ。今日の試験の様子は、ご覧になっていましたか?」

「勿論、最初から最後まで緒美ちゃんや樹里ちゃんと一緒に見てたわよ。」

「それでは、『ゼットちゃん』の評定を聞かせて下さい。」

「さっき、立花先生にもお話ししたんだけど、ログの解析にそれなりの時間が掛かるから、正式な評価は可成り先になるんだけど。」

「それは承知しています。」

「じゃぁ、わたしの個人的な感想でいいのね?」

「ハイ、構いません。」

「そう…ね。わたしが見た限り、何も問題は無かったわね。主任にも、そう報告しようかと思っているの。」

「わかりました。ありがとうございます。」

「いいえ、いいのよ。学校に戻って、会社のネットワークに接続したら、また、お話ししましょうね、Ruby。」

「ハイ。」

「それじゃ、コマンドを緒美ちゃんに返すわね。」

 そう言って、安藤はヘッド・セットを外して、緒美へと差し出すのだった。

「ありがとう、緒美ちゃん。」


- to be continued …-

 

※この作品は現時点で未完成で、制作途上の状態で公開しています。
※誤字脱字等の修正の他に、作品の記述や表現を予告無く書き換える事がありますので、予めご了承下さい。

 

い。