WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第1話.06)

第1話・天野 茜(アマノ アカネ)

**** 1-06 ****


「えっと、それじゃ入部の手続きとか…。」

「あぁ、入部届の用紙を渡すから、明日にでも書いて持ってきてくれたらいいわ。」

「いえ、入部届の用紙、今日、配られたのを持ってますから。大丈夫です。」

 茜は制服のポケットに四つに折って入れておいた用紙を取り出して広げる。ペンを恵から借り、その場で必要事項を記入して、茜は借りたペンと共に入部届を恵に渡したのだった。

「はい、確かに。」

 恵は受け取った用紙の記述を確認し、背後の棚から一つのファイルを取り出し、その中に茜の入部届を挟んだ。
 その時、部室のドアが開き、二人の女性が連れ立って入ってきた。先に入ってきたのが三年生の女子で、その後ろが教師のようである。

「あれ、森村。その子は? まさか新入部員!?」

「お帰り、副部長~。立花先生も定例会議、お疲れ様でした。」

「はい、疲れましたよ。ごめん、恵ちゃん、悪いけどお茶もらえるかな。」

 入ってきた二人は部室中央にある長机の一端の席に着き、恵は手に持っていたファイルを棚の元の位置に戻して、ポットの方へ向かう。

「いつもの紅茶でいいですか?先生。副部長も。」

「いいわよ。お願い。」

「あ、悪いね~森村。」

「それで、定例会議の方はどんな感じだったの?新島ちゃん。」

 鬼塚も長机のもう一端側の席に着き、茜にも席に着くように促す。

「どうもこうも、企画部も開発部も試作部もみんな部長さんが参加してくる上に、本社統括部の部長さんまで登場よ。緊張した~。もう二度とあなたの代役で会議になんて出ないからね、鬼塚。」

「四月になって最初の定例会議だったから、あちらも気合いが入ってた見たいよねぇ。」

 新島副部長と立花先生は顔を見合わせて、ため息をついた。

「一通り進捗の報告と、今後の計画の摺り合わせをしたけど、試作機の稼働データを早く見たいって、プレッシャーが、もう。あ、ありがと。」

 立花先生に続き、恵が新島副部長の前に紅茶の入ったティーカップを置く。

「そのプレッシャー問題には片がつきそうよ、副部長。」

 そう言って、恵は掌を上にして茜の方へ指先を向ける。
 茜は新島副部長と立花先生に向かって軽く会釈をするのだった。

「機械工学科一年の天野 茜です。よろしくお願いします。」

「大丈夫なの?いきなり一年生に任せちゃっても。ねぇ、鬼塚。」

 新島副部長は訝しげにそう言って、ティーカップを口元へ運んだ。

「勿論、大丈夫なようにやるわよ。厳正なる面接の上でやっと、協力を取り付けたんだから、彼女のやる気を削ぐような事は言わないでね。」

「はいはい、あなたと森村が二人とも了解なら、わたしは文句は言わないわ。取り敢えず、あなたが部活説明会に出た結果でいい人材が来たのなら、わたしが犠牲になった甲斐があったって事ね。」

 鬼塚部長と恵は顔を見合わせたのち、クスクスと笑っているが、鬼塚部長が30秒で説明を切り上げた事を、今、ここでは言わない方がいいのだろう、と茜は思った。

「天野さんについて、二つほど情報があるけど、良いのと、そうでもないのと、どっちから聞きたい?」

 紅茶を飲みつつ、鬼塚部長と新島副部長のやりとりを聞いていた立花先生が、突然、口を開いた。

「なんですか、立花先生。もったいぶって。」

 鬼塚部長が怪訝な顔つきで立花先生を見つめる。

「じゃ、良い方から伺います。」

「本人の前で言うのもどうかなって、思ったけど…まぁ、いいわ。まず、天野さんが良い人材なのは間違いないわね、今年の新入生で入試の成績は天野さんがトップだったそうだから。」

「それは凄いけど…なんで立花先生がそんな事知ってるんですか?」

「う~ん、普通なら知らない事なんだけど、今回は、もう一つの情報に付随して職員の間で噂になってたのよね~。」

「なんですか?その噂って?」

 今度は新島副部長も表情を曇らせる。

「その噂って言うのが、そうでもない方の情報よ。天野さんは、理事長…『天野重工』会長のお孫さんですって。噂どころか…事実なのよね、天野さん。」

 立花先生の発言を受けて、一同の視線が茜の方へ向けられた。

「あぁ、はい。会長がわたしの祖父なのは、間違いないです。」



- to be continued …-