WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第4話.03)

第4話・立花 智子(タチバナ トモコ)

**** 4-03 ****


「兵器開発部の顧問を任されたんですけど、どのように進めたら良いでしょうか?」

 単刀直入に、智子は尋ねた。

「あぁ、キミが引き継いだのか。兵器開発部。どういう部活かは、聞いてる?」

「本社での研修でも、そう言う部活が有るとは聞いては居たんですが。今一つ、よく分からなくて。まさか、それを受け持つ事になるとは思いませんでした。」

「ははは、いや、あれはよく分からん部活だよ。うん。…正直、ここ五年は、ほとんど活動らしい活動はしとらんからなぁ。」

 前園氏はコーヒーの入った紙コップを口元へと運ぶ。コーヒーを一口、飲み込んで紙コップをテーブルへ戻すと、前園氏は話し始めた。

「アレはそもそもが、防衛装備事業部向きの人材かどうかを判別するためのフィルターみたいな物だから。だから、元々がこれと言った活動はしてはなかったんだけどね。 前年まで顧問だった原田君の代になってから、幽霊部員ばっかりになってしまったんだが~あ、それもね、ある意味仕方が無かったんだよ。彼、原田君も忙しかったからね。あの重徳先生の助手はうちの学校の中じゃ、一二を争う激務だから。 流石に、部活の顧問まで手が回らなかったんだろうなぁ。」

「それで、今年から比較的暇なわたしにお鉢が回ってきた、と言う事ですか。」

「ははは、誤解を恐れずに言えば、まぁ、そう言う事になるなぁ。 ともあれ、今居る幽霊部員達に今年から何か活動をさせるのは無理だろうから、今年入ってくる一年生で、あの部活に興味を持つ者が居たら、その子達が食いつきそうな何かテーマを与えてみたら良いんじゃないかな。 まぁ、無理に何かしなくても、あの枠の中で自発的に活動する者がいれば、それをサポートしてあげる位の気持ちで居たら良いと思うよ。あまり、難しく考えなさんな。」

 結局、何をどうすればいいのか、具体的な助言はもらえないまま、前園氏の話は世間話へと移行してしまい、智子はその後三十分ほど談笑して前園氏とは分かれたのだった。
 その後に知った事だが、智子と共に赴任してきた後の二人は、兵器開発部の前顧問だった原田氏の後任として重徳先生の助手に任命されていたのだった。その重徳先生とは、専門教科の一つである工作実習の担当教師で、校内の実習工場で機械加工や工作機械の扱いを教えている人物である。重徳先生の実習授業の目的は、加工のスペシャリスト養成ではなく、設計のための基礎知識として加工方法や工作機械の特性を知るの事なのであるが、その為には実習機器類の整備や実習資材の管理や発注、実習で製作した工作品の精度測定など、実習の準備や評価に膨大な手間が掛かるのだ。その上、重徳先生はその授業の凝りようが徹底しているのだと、校内でも有名な人物だった。重徳先生が、実習授業に託(かこつ)けて「旧日本海軍零式艦上戦闘機を三年掛けて製作した」と言う事例は、校内では語り種になっている武勇伝であるが、この一件は「理事長がノリノリでバックアップしたから実現したのだ」との内情は、あまり知られていない事実である。只、あまりにも予算が掛かり過ぎたので、流石に同様の授業は二度と行われていないのだが、件の零式戦は耐空証明まで取得しており、現在も飛行可能状態で飛行機部が管理しているのである。

 さて、それから二日後、入学式は滞りなく終了した。新学期が本格的に始まると、校内の雰囲気は益々活気に満ち溢れて行ったのだが、それに相反して退屈していたのが智子だった。
 入学式の翌日、2070年4月4日金曜日。まだ当面、授業の予定のない智子は、事務棟内に与えられていた居室で午前中を過ごしたのだが、半日が過ぎただけで思っていた、「退屈で死にそう」だと。

 智子はふと、携帯端末を取り出し、上司である小峰課長の携帯端末へ通話をリクエストしてみた。時間的には昼休みが終わる頃である。小峰課長は三回目のコールで通話に出た。

「あ、小峰課長、立花です。」

 携帯端末からは、久し振りに聞く、小峰課長の声が聞こえてきた。

「おぉ、立花君、久し振りだね。そっちの様子はどうだい?」

「どうも何も、夏頃まで授業の予定もないので、暇で死にそうです。何か、こっちに回せる仕事とか、ありませんか?」

「無茶言わないでくれよ~。まぁ、今まで忙しかった分、暫く骨休みのつもりでのんびりしてたら良いんじゃないかい。」

「そんな気分になれたら、課長に連絡なんてしてませんよ。」

 智子は、力なく笑った。

「所で、HDG の検討チームの方は、その後、どうなってます?」

「あ~…アレはね、検討を依頼してきた防衛軍の方が興味を失ってる、って感じかなぁ~最近は、あちらからのアクセスはほとんど無いしね。宙に浮いてる感じでね、こっち側の検討もキミが居た頃から、ほとんど進展がないよ。」

「そうですか…。」と、智子が返事を言い終わる前に、小峰課長は言葉を続ける。

「HDG の検討チームは暫く、活動休止になるかもな。こないだから、事業統括部からのね、別の案件が入るとか話が出ててね。そっちで、人員を可成り取られそうなんだよ。あ~、すまんがこれからその絡みで会議の予定なんだ。」

「あぁ、はい。お忙しいのに、すみませんでした。」

「いや、いいよ。じゃ、キミもそっちで頑張ってね。また、何かあったら連絡して。じゃ、会議有るから。」

 そして、小峰課長との通話は切れた。
 智子は座っていた椅子に身体を預け、居室の天井を見つめて、大きく息を吐いたのだった。
「取り敢えず、こうしていても始まらないわ」と、そう思った智子は、次に取るべき行動に思い至った。
 それは、『兵器開発部』の部室へと行ってみる事だったのである。



- to be continued …-