WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第7話.05)

第7話・瑠菜 ルーカス(ルナ ルーカス)と古寺 佳奈(コデラ カナ)

**** 7-05 ****

 

「いいえ、結局、中学時代は最後までそれを続けたのよ。小学生の頃から十年近く続けていた事を、急に方向転換するのは、流石にプレッシャーだったみたい。だから、わたしが佳奈ちゃんをこの学校に誘ったの。ここなら、わたし以外に知ってる人がいないから、しがらみとか気にする事もないでしょ。」

「しかし、まぁ、その話からすると、古寺さんがこの学校に受かった時、中学の同級生や先生達は驚いたでしょうね。 いや、そもそも、よくこの学校を受験するのを先生が許したわよね。」

「あはは、先生にもお母さんにも、どうせ落ちるから止めなさいって、言われたの~。」

「だから、ダミーで滑り止めの学校にも願書出してね、ここは試験の日程が早いから、受験慣れの為にって名目だったのよね。」

「でも、だったら、どうして城ノ内さんと同じ情報処理科にしなかったの?佳奈さん。」

 佳奈が樹里を頼っていたのなら、同じ学科に進むのが自然のでは、と瑠菜は思ったのだ。その疑問に対する、佳奈の答えは、明快だった。

「だって、ソフトウェアとかプログラムとかには、興味が持てなかったんだもん。」

「佳奈ちゃんは、こう見えても機械弄りとかやってたのよ。元々は佳奈ちゃんのお父さんの趣味なんだけど、古い機械を分解したり組み立てたり、そんな作業を手伝ってたりしてたのよね。」

「なるほど、自分のやりたい方向とかはちゃんと考えてたんだ。そう言う、根気勝負の作業とかは向いてそうな感じよね、古寺さん。」

 維月は、感心したように、そう言った。

「佳奈ちゃんについて、わたしから話しておきたい事は、大体、こんな所かな。もっと詳しい事は、また後で、本人から聞いて。 ともあれ、佳奈ちゃんの独特のペースはね、人によってはイライラしたり、癇(かん)にさわったりで、馬の合わない人もいるんだけど、こればっかりは相性だからどうしようもないし。でも、今見てる限り、瑠菜さんは大丈夫そうで安心したわ。」

「あ、うん…まぁ、悪意が無いのは、伝わってくるから。許容範囲だと思う。」

「ごめんね~迷惑かけるかもだから、先に謝っておくね。」

 膝の上に両手を置き、瑠菜に向かって深々と頭を下げる佳奈だった。

「わたしと付き合ってると、自動的に佳奈ちゃんとも付き合う事になるけど、井上さんは大丈夫?」

「あぁ、わたしは古寺さんみたいなタイプの人に、別にイライラしたりしないわよ。寧ろ、楽しそうで好きなタイプかもね。」

「そう、良かった。」

 維月の返事に笑顔を返した樹里は、その表情のまま瑠菜の方へ向き直り、言った。

「じゃ、今度は瑠菜さんの事、聞きたいな。」

「聞きたいな、って言われても。さっきの佳奈さんの話みたいに、ドラマチックなネタなんか無いし。」

「そう?さっき名字で呼ばれるのが嫌だとか、言ってたじゃない。」

 維月が身を乗り出すようにして、瑠菜に問い掛ける。

「あぁ、あれはね…ほら、わたしってこんな風じゃない、なんて言うか、見た目が日本人っぽくないでしょ。イジメられてたって訳じゃないんだけど、まぁ、目立つから、昔から色々と言われるのよね。髪の色とか、肌の色とか、瞳の色とかについて。」

「わたしは、綺麗だと思うな!瑠菜さんの髪とか肌とか。」

 突然、意気込んで佳奈が声を上げた。瑠菜はその声に少し驚きつつ、笑顔で答える。

「あはは、ありがとう。まぁ、近頃はそう言ってくれる人もいたりするんだけどね、でも、子供の頃って人と違う部分があるのって、疎外感って言うのか、そんなのを勝手に感じちゃったりするじゃない?」

「瑠菜さんは、帰国子女って訳じゃないんだ。」

 違う角度から質問をしてきたのは、維月である。

「うん、お父さんはアメリカの出身だけど、こっちに仕事で来て、日本人のお母さんと結婚したの。以来、ずっとこっちに住んでるから、わたしも日本生まれで日本育ち。」

「なるほど、同調圧力に弱いのは日本人らしいメンタリティだよね。例えば、あっちで育ってたら、いろんな人種が居るのが珍しくないから『違うのは個性だっ』て、なってたかも。」

「それは、どうか分からないけど。ともあれ、わたしとしてはこの容姿が幼い頃からのコンプレックスだったの。だから、名字の方で呼ばれると、自分のコンプレックスが刺激されるというか、上手く説明できないけど…そんな事を意識する自分が嫌になるのよね。でも、別に、お父さんや、ルーカスって名前や、自分の容姿とかが嫌いって訳じゃないのよ。只、勝手な疎外感を持っちゃう自分が嫌なだけ。」

 溜息をついて、瑠菜は力なく笑った。それに対し、維月は真剣な顔で、瑠菜に言うのだった。

「わたしは瑠菜さんの気持ち、少しは分かる気がするの。一緒にするなって、怒るかも知れないけど、わたしは見ての通りの身長(タッパ)でしょ。昔から、同年代の男子よりも背が高かったから、これがコンプレックスだったのよね。 で、背が高いとさ、バレーとかバスケとかやってるのか?とか、やったらどうだって言われるわけ。それを言われる度に、こっちはコンプレックスを刺激されるし、わたしはスポーツとか全然興味無かったから、ホントにアレは鬱陶しかったわ。…あ、やっぱり、瑠菜さんのとは違うわね。」

 そう言って、最後に維月は笑うのだった。それにつられるように瑠菜は笑顔になると、維月に言った。

 

 

- to be continued …-