WebLog for HDG

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ bLOG です。

Poser 用 3D データ製品「PROJECT HDG」に関するまとめ WebLog です。

STORY of HDG(第8話.12)

第8話・城ノ内 樹里(ジョウノウチ ジュリ)

**** 8-12 ****


「なんだよ、気持ち悪いなぁ~俺、何か変な事、言った?安藤さん。」

 理由を聞かれて、安藤は笑いをこらえつつ言葉を返す。

「ごめんなさい…ちょっと、タイミングが悪かっただけで、変な事は言ってません。あ~、『立花さん』は飯田部長の所へ行くって。」

「畑中先輩、取り敢えず一号車を動かして貰えますか?天野さんが装備を降ろせないので。」

 皆と一緒に笑っていた緒美も、いつもの冷静な表情に戻って畑中に話し掛ける。

「あぁ、そうだった。直ぐにこっちに回してくるから。」

 畑中は慌てて天幕の後方、管理棟横の駐車スペースへと走っていく。
 一方で、スラスター・ユニットの再接続、起動から LMF との接続解除まで一連の作業を終えた茜が、畑中とは入れ替わるように天幕の前に到着した。

「何だか、楽しそうですね~。」

「あぁ、天野さん、ご苦労様。」

 戻ってきた茜に、緒美がねぎらいの言葉を掛ける。

「何があったんですか?」

「大した事じゃないわ。さっきのはタイミングが命、みたいな笑いどころだから、後で聞いても、大して面白い話じゃないと思うの。その場に居合わせなかったのが残念だったわね。」

 茜の質問に、普段通りの笑顔で恵が答えた。

「そうですか。それは残念です。」

「あ、ボードレールさん。コックピット・ブロックを接続するから、LMF の前に移動してちょうだい。接続作業は Ruby の自律制御でやるから、LMF の前に置いたら、降りて良いわよ。電源は切らないでおいてね。」

 ヘッド・セットのマイクを通じて、緒美がブリジットに話し掛ける。

「は~い、移動します。」

 天幕下のモニター・スピーカーから、ブリジットの返事が聞こえる。
 天幕の東側で『アイロン』に乗ったまま待機していたブリジットが、LMF に向かって『アイロン』を走らせると、その後ろからは畑中が運転するトランスポーター一号車が走って来て、天幕の前を右に向きを変えると緒美達の前で停車した。そして、コンテナ後部の扉が地面に向かって、ゆっくりと開く。
 それを確認して、直美は席から立ち、隣の天幕下で佳奈とクラウディアの二人で談笑していた瑠菜に、大きな声で呼び掛けた。

「瑠菜~、HDG のメンテ・リグ立ち上げるよ~。」

「は~い。」

 二人の元を離れて、瑠菜は駆け足で一号車へと向かう。

「じゃ、部長。HDG、降ろしてきます。」

「はい。終了作業も気を抜かないでね。」

「はい、わかりました~。」

 茜はクルリと向きを変えると、一号車の後部へと向かって歩き出す。
 そして一号車へと中程辺りまで行った所で、その奥に停止している LMF の方から、『アイロン』を降りて天幕の方へと向かうブリジットと茜は出会(でくわ)すのだった。
 二人は互いに「お疲れ」と言葉を交わすと、試験開始前のように掌(てのひら)を軽く打ち合わせた。
 そんな様子を、コンソールを操作する手を休めて、樹里は何となく眺めていた。そして、不意に、安藤に話し掛けた。

「さっきの、バグ取りが一気に進んだって話、可成りの部分、天野さんのお陰みたいな感じなんですよ。」

「そうなの?」

「はい、天野さんがテストをするようになってから、やっぱり動かしてみないと解らない不具合って、いっぱい有るみたいで。これがまた、天野さんが不具合が見つかるように動かしてみるのが上手いって言うのか。彼女が仕様を全部理解した上で動かしているからこそ、なんだと思うんですけど。」

 そう言って、樹里は再びコンソールの操作を再開するのだった。
 安藤は一息ついて、言った。

「凄いわね。」

「でしょう。あれで、一年生なんだから…」

「あぁ、ごめん。わたしが言ったのはあなたの事よ、樹里ちゃん。まぁ、確かに天野さんも凄いとは思うけど。」

「わたし…ですか?」

 樹里は再び手を止め、安藤の方へ顔を向ける。

「そうよ。五月初めの電源関連のもそうだったけど、普通、動作上の不具合からプログラム上の不正箇所を特定するまでが一番時間が掛かる物だけど、樹里ちゃん、いつも不正箇所に大体の見当(けんとう)を付けて不具合報告上げてくれてるでしょ。修正作業を担当してる五島(ごとう)さんとか、いつも助かるって言ってるし。うちの主任も樹里ちゃんの事は凄く評価してるの。課長なんか、今から人事部に樹里ちゃんの入社後の配属予約を交渉してるぐらいなんだから。」

「それは、どうも…ですけど、わたし、まだ二年ですよ?」

「それが、つくづく残念なのよねぇ。卒業までまだ、一年半もあるなんて。維月ちゃんと、ついでに、クラウディアさんも一緒に、飛び級で卒業させて貰えないかしら。」

「流石に、それは無茶ですよ。」

 樹里と安藤、二人は顔を見合わせて、笑った。

「そう言えば、樹里ちゃんはいつからプログラミングとか習ってたの? 聞いた事無かったけど、やっぱり維月ちゃんみたいにご両親がそっち系だったり?」

「あぁ、わたしは維月ちゃんみたいなサラブレッド的なのじゃないです。両親はソフト関係とは無縁でしたし。只、母方の祖父がそっち系のエンジニアだったんですけどね。」

「じゃ、お祖父様から?」

「う~ん…そこは難しい所で、祖父から直接、教わってはいないんですけど。基本は、ほぼ独学ですが…いや、基礎は祖父から習った事になるのかな?」

「なんだか複雑そうね。」

「あ、いえ。それほど難しい話ではないんですが。 母の実家に遊びに行っている内に、祖父のやっている事に興味を持ったのが小学校の一年生頃の事で、その時に、祖父が、わたしが十歳、小四になったら教えてあげるって約束してくれたんですよ。それまでは学校の勉強をしっかりやりなさい、と。」

「うん、うん。」

「所が、わたしが小三の冬、年が明けて一月の末頃に、祖父が急死してしまいまして。心不全だったかな…。」

「あら、なんだか悪い事、聞いちゃったみたいね。ごめんなさい、樹里ちゃん。」

 安藤は慌てて謝意を述べるが、それには樹里は恐縮する他なかった。
 樹里はコンソールの操作を再開しつつ、言った。

「いえ、良いんですよ。もう、何年も前の事ですから。」

 

- to be continued …-

 

※この作品は現時点で未完成で、制作途上の状態で公開しています。
※誤字脱字等の修正の他に、作品の記述や表現を予告無く書き換える事がありますので、予めご了承下さい。